tanaproject(たなプロジェクト)は2011年9月より活動を開始し、東日本大震災で被災された地域の仮設住宅などに棚を届け、自分で自分のつかう棚をみんなでいっしょにつくるワークショップをおこなうプロジェクトです。長期で活動を継続していくため、2011年10月に団体を設立しました。

2015年1月16日金曜日

今年初めての東北での開催決定です!



今週末、今年初めて東北でtanaprojectのダンボール棚づくりワークショップを開催します。
今回は復興公営住宅でも開催します!
ニーズは仮設住宅での生活とも変わって来ていると思うので、ワークショップのなかで生活されている方の声を聞ければなあと思っています。
1/24土:荒井東復興公営住宅・集会所(13時~16時)
1/25日:あすと長町仮設住宅・集会所(11時~14時)

2015年1月1日木曜日

本年もよろしくお願いいたします!


2014年も大変お世話になりました!
たくさんの応援とご支援ありがとうございました。

2015年も細く長く、東北で、東京で、日本全国で活動していきたいと思います。

本年も、ひきつづきよろしくお願いいたします!

tanaproject一同

2014年12月24日水曜日

レポート:【tanaprojectワークショップ 2014年11月23日(日)@日本建築学会】

今回は「親と子の都市と建築講座」を開催されている日本建築学会子ども教育事業部会の方々とのコラボワークショップ&展示のレポートです。

  今回は本建築学会子ども教育事業部会の方々とのコラボワークショップ。
「棚から考える住まい」というテーマによる、いつもとはちょっと異なるワークショップでした。
「棚を作ったら、その棚のある生活にワクワクしてほしい。」そんな想いから、グループごとに「棚の使い方紹介」の発表をしました。
いつもとちょっと違うワークショップ、ちょっと恥ずかしがりながらも、良い経験になったようです。
個性溢れる発表内容がとても新鮮でした。ご参加くださった皆さま、子ども教育事業部会の皆さま、学生さん、本当にありがとうございました!


【tanaprojectワークショップ】2014年11月23日(日)@日本建築学会
つくったtana 33個
 つくったひと 36名  


みんなの熱気で、寒さも気にならないほど♪
協力してシールを貼ります!
シールの枠だって、工夫次第ですてきな模様になりますね。
そして、今回の特別プログラム!
棚を置きたい場所・入れたいものを
専用カードに書き込みます!
そして、グループごとに、
「こんな使い方ができますよ!」と紹介してもらいました♪
ご参加ありがとうございました!


また、11月23日(日)〜26日(水)まで、
建築学会1階スペースにて、展示もさせていただきました。

tana projectと子ども教育事業部会の
これまでの実践がずらり。


展示会場の様子

実物を立体的に展示!
ワークショップの映像も♪

<今回ご協力してくださった方々>
本建築学会子ども教育事業部会
  東洋大学 ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 准教授 仲綾子先生
  武蔵野大学 環境学部環境学科都市環境専攻 教授 伊藤泰彦先生
  早稲田大学 人間科学部人間環境科学科 准教授 佐藤将之先生
●今野梱包株式会社・今野社長

◎カモ井加工紙さん(mtの提供)
◎FINAL HOME/津村耕佑さん(布等の提供)
◎株式会社コニシさん(木工用ボンドの提供)
◎PLUS株式会社ジョインテックスカンパニーさん(アクリル絵の具他多数の提供)
◎株式会社中川ケミカルさん(カッティングシートの提供)
◎COTONAさん(引出しの引き手の革の提供)
◎タカシン製靴さん(引出しの引き手の革の提供)

○tanaボランティア ボランティア:梅中さん、伊藤さん、横須賀さん、半藤さん、青木さん、高辻さん、白崎さん、中村さん、学生スタッフのみなさん
○撮影:谷口さん 横須賀幸子/coska* http://coska.jp/

ほんとうにみなさまお忙しい中、ありがとうございました!

2014年12月22日月曜日

レポート:【チャリティ017_tanaprojectワークショップ 2013年8月24日(日)@gallery*yoluca】

今回は8月に行われた、tanaproject三周年記念の2日間のチャリティワークショップの2日目、東日本橋にあるギャラリー・gallery*yolucaさんでのワークショップのレポートです。

【チャリティ017_tanaprojectワークショップ】2014年8月24日(日)@gallery*yoluca
つくったtana 7個
つくったひと 13名  

何やら相談しながらつくっています!

今日もひとがたくさん!

女性らしいmtの色使いですね。

作成途中に記念撮影!

親子で協力しながら!

こちらも協力しながら組み立てています。

mtがたくさん!

最後に外で記念撮影!

今回の3周年はいつもより1ヶ月早い8月に行いました。
代表の森が海外留学のために9月に日本を離れてしまうので、今年は前倒しで行いました。
tanaprojectは友人の横須賀幸子さんにご協力いただき、運営を継続することができています。
また、これまでにも手伝ってくれていた仲間たちにも協力してもらい、引き続き細く長く続けて行く予定です。


<今回ご協力してくださった方々>

●株式会社中川ケミカル/gallery*yoluca・小沼さん
●今野梱包株式会社・今野社長

◎hhstyle.comさん(パントンチェア・ジュニアの提供)
◎カモ井加工紙さん(mtの提供)
◎FINAL HOME/津村耕佑さん(布等の提供)
◎株式会社コニシさん(木工用ボンドの提供)
◎PLUS株式会社ジョインテックスカンパニーさん(アクリル絵の具他多数の提供)
◎株式会社中川ケミカルさん(カッティングシートの提供)
◎COTONAさん(引出しの引き手の革の提供)
◎タカシン製靴さん(引出しの引き手の革の提供)

○tanaボランティア ボランティア:梅中さん、千葉産、伊藤さん、横須賀さん、高辻さん、白崎さん
○撮影:横須賀幸子/coska* http://coska.jp/

ほんとうにみなさまお忙しい中、ありがとうございました!

2014年11月5日水曜日

【ワークショップ開催!@東京】2014年11月23日(日) with 日本建築学会

◆東京で無料ワークショップ開催いたします!参加おまちしております!◆

【11/23(日)◆日本建築学会でのワークショップ開催と展示のお知らせ】


今月23日日曜日に、日本建築学会の中庭(東京都田町駅徒歩3分)にてワークショップを開催します!

日時:2014年11月23日(日) 13:00〜17:00(受付12:30)
参加費:無料
対象:小学生とそのご家族の方
参加方法:メール申し込み(添付の画像で詳細をご確認下さい)
アドレス→担当三島 mishima@aij.or.jp

たなプロジェクトと日本建築学会「親と子の都市と建築講座」が共同してワークショップを開催します。

たなプロジェクトでつくっているたなづくりにプラスして、今回はちょっといつもとちがうようす!
ただつくるだけではなくて・・・つくる前、つくった後にいつもと違う【何か】をします。
きっとそれを通して、もっとつくったtanaに愛着がでるはず!

これまで参加いただいたことのある方、今回はひと味違ったたなづくりができます!
興味があるけれどご都合が合わなかった方、ぜひこの機会にご参加下さい!
今回はなんと参加費無料です!(たなは持って帰れます!)

周りの方にもぜひ御知らせいただき、お誘い合わせの上ご参加下さい。

なお、ワークショップ当日より26日まで、日本建築学会のギャラリーにてたなプロジェクトと日本建築学会「親と子の都市と建築講座」のこれまでの活動も展示します。


実は東京でしっかりした展示を行うのはこれが初めてです。
ぜひ足を運んでみてください!

よろしく御願いいたします。

tanaproject 一同